鶏卵饅頭 | 一笑堂

鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)

今から約四百年前、慶長の昔、今治城を築城した藤堂高虎(とうどうたかとら)公は、時を同じくして海岸に沿った六筋の碁盤の目の城下町を造りました。その頃、今治市大手門付近で蒸饅頭を製造する店が数軒あり、この饅頭は美味で非常に評判がよく、人々はこれを「大手饅頭」と呼んでいました。後にこの饅頭が藤堂高虎公の御愛顧を受け、城中の茶菓子として御用命を受けるようになりました。

ようやく藩政時代も終わりに近づいた200年前、この「大手饅頭」を一笑堂初代・代右衛門(ようえもん)が、苦心改良の末、水を用いない卵練りとし一口サイズ(直径約2cm)の「鶏卵饅頭」と改称して、販売を始めました。鶏卵といえば、当時はまだ食用としては珍しく、高価で貴重品的な存在でした。その自然で淡白な味や色合いがことのほか好評、もの珍しさもあり大変な人気となりました。以来、代々改善を加え現在に至ります。

鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)は、厳選された国産小豆で漉餡を手作り。卵で練った生地の中に自家製漉餡が詰まっていす。素朴な味で食べやすく、上品な一口サイズ(直径約2cm)です。また、この鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)を平たくして蒸し、表面を巴形(ともえがた)で焼いた「焼鶏卵饅頭(やきけいらんまんじゅう)」も。一笑堂の鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)は、数多い、今治銘菓の中で最も歴史があります。

しまなみの風土に育まれた、素朴なおいしさをご賞味賜りますようお願い申し上げます。

  • 鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)

  • 焼鶏卵饅頭(やきけいらんまんじゅう)

オリジナル鶏卵饅頭

鶏卵饅頭に「祝」「寿」や企業のマークなど、オリジナルのデザインをお入れします。ご用途に応じてデザインをおつくりします。

熨斗

一笑堂では、用途にあわせて熨斗を3種ご用意しています。

  • 仏事

  • 仏事

  • 慶事

店頭のみでの販売商品

  • 麩まんじゅう(プレーン、よもぎ)

  • ダックワーズ(キャラメル、チェリー)

麩まんじゅうは、生麩の生地で自家製の漉餡を包み、蒸した和菓子。もちもちの食感につるんとしたのどごしです。笹の葉の香りが広がります。
ダックワーズは、アーモンド風味のメレンゲを使った焼菓子。外はさっくり中はしっとり。サンドされたキャラメルクリームや洋酒漬チェリーの風味を楽しめます。

注目商品
最近閲覧した商品